Ubuntu 17.04にVivado 2017.2をインストールした

VivadoやXilinx SDKをLinux (Ubuntu) で動かすメモ (Ubuntu 16.04 LTS, Vivado 2016.4, 64bit環境) - Qiitaを参考にしてインストールした。参考記事との差分だけ書く。

時間がないので推敲せずに書き散らかす。

アクセス権の書き換え

root権限でインストールした後に一般ユーザーでvivadoを起動したところ、起動はするがコンソールにPermission deniedとエラーが出力されていた。

https://japan.xilinx.com/support/answers/62240.htmlの通りアクセス権を書き換えて解決した
(ちなみにAR# 62240では~/.Xilinx/Vivado以下のアクセス権だけ書き換えているが、それだけだと、xsdk起動時に~/.Xilinx/SDKディレクトリの作成に失敗してしまったので~/.Xilinx以下のアクセス権を書き換えた)

https://japan.xilinx.com/support/answers/62240.html に、末尾にroot権限でインストールするのは非推奨と書いてあるので、次回からは一般ユーザー権限としてインストールしよう…)

Cable Driverのインストール方法

cd /opt/Xilinx/Vivado/2017.2/data/xicom/cable_drivers/lin64/install_script/install_drivers
sudo ./install_drivers

xsdkの起動

GTK+3を無効にしなくても動いた?)

Documentation Navigator

docnav: error while loading shared libraries: libpng12.so.0: cannot open shared object file: No such file or directory

と表示されて起動できず。 dependencies - E: Package 'libpng12-0' has no installation candidate [ubuntu 16.10 Gnome] - Ask Ubuntuに書かれている通り、Ubuntu – Package Download Selection -- libpng12-0_1.2.54-1ubuntu1_amd64.debから落として入れた。 (i386のライブラリは無くても動く?)